「リバーサイドドライブ」|香月泰男の専門買取。作品価値・相場を踏まえた高価査定ならば絵画買取のアート買取協会

「リバーサイドドライブ」

香月泰男

香月泰男 リバーサイドドライブ|作品:#4

●作品名:「リバーサイドドライブ」
・製作:1966年
・技法:水彩+クレヨン
・買取時期:2014年7月
香月泰男は、山口県の三隅町(現:長門市三隅)出身で東京美術学校卒業後に国画会を中心に数多くの展覧会に出品しました。
最初期は梅原龍三郎の影響を受けた作風でしたが徐々に透明な色調の独自の作風を確立し1943年に応召、シベリア抑留を経て47年帰国しました
戦後、シベリア抑留体験テーマに<シベリア・シリーズ>を発表し、1950年代末から炭と方解末を使った材質感あるモノクロームの画面と、深い人間性の洞察をふまえた作品が特徴で、1974年(享年62歳)で死去するまで数多くの作品を制作しました

香月泰男 作品の売却をご検討のお客様へ

香月泰男の水彩+クレヨンは市場価値が高い為に、当社では他社に比べてもより高い査定額のご提示・高額買取に努めさせて頂いております。香月泰男「リバーサイドドライブ」をお持ちで、現在、売却をご検討のお客様は是非、アート買取協会まで御相談ください。他の買取会社よりも高い買取を頑張らせて頂きます。   

香月泰男の作品価値と買取相場

「リバーサイドドライブ」の作者としても有名で、⼤正と昭和を代表する洋画家の⼀⼈、⾹⽉泰男。ヒューマニズムを感じられる⾹⽉の画⾵は、戦争を体験している⼈々だけでなく、戦後世代である⼈々にも深い感動を与えてくれます。
1959 年になると、⾹⽉作品のトレードマークともいえる⿊と⻩⼟⾊を基調とした作⾵が確⽴され、⽒の名前を⼀躍有名にした「シベリア・シリーズ」の制作が開始されました。
この作品は、⾃⾝のシベリア抑留体験を基に制作され、全57 点に及びます。この「シベリア・シリーズ」や「⺟⼦シリーズ」は、版画でも特に⾼価買取対象となっています。

アート買取協会ではフォーム・電話による買取査定以外にも、メールでも簡易査定を実施しております。

選べる3つの買取査定方法