「竜舌蘭「ギリシャ」より」|香月泰男の専門買取。作品価値・相場を踏まえた高価査定ならば絵画買取のアート買取協会

「竜舌蘭「ギリシャ」より」

香月泰男

香月泰男 竜舌蘭「ギリシャ」より|作品:#8

●作品名:「竜舌蘭「ギリシャ」より」
・製作:1972年
・技法:リトグラフ
・買取時期:2014年7月
竜舌蘭(りゅうぜつらん)とは・・・は、その葉っぱが竜の舌ようだから竜舌蘭と名付けられた。葉には堅い棘があって、これは凶器、ベローンと伸びている姿は正に竜の舌です。別名万年蘭、センチュリープラントとも言い、長寿である。100年、あるいは70年に1度花を咲かせると言われています
本作は香月泰男が「ギリシャ」で描いた作品の内の一作品であり、1972年にリトグラフ製作されたものです。

香月泰男 作品の売却をご検討のお客様へ

香月泰男のリトグラフは市場価値が高い為に、当社では他社に比べてもより高い査定額のご提示・高額買取に努めさせて頂いております。香月泰男「竜舌蘭「ギリシャ」より」をお持ちで、現在、売却をご検討のお客様は是非、アート買取協会まで御相談ください。他の買取会社よりも高い買取を頑張らせて頂きます。   

香月泰男の作品価値と買取相場

「竜舌蘭「ギリシャ」より」の作者としても有名で、⼤正と昭和を代表する洋画家の⼀⼈、⾹⽉泰男。ヒューマニズムを感じられる⾹⽉の画⾵は、戦争を体験している⼈々だけでなく、戦後世代である⼈々にも深い感動を与えてくれます。
1959 年になると、⾹⽉作品のトレードマークともいえる⿊と⻩⼟⾊を基調とした作⾵が確⽴され、⽒の名前を⼀躍有名にした「シベリア・シリーズ」の制作が開始されました。
この作品は、⾃⾝のシベリア抑留体験を基に制作され、全57 点に及びます。この「シベリア・シリーズ」や「⺟⼦シリーズ」は、版画でも特に⾼価買取対象となっています。

アート買取協会ではフォーム・電話による買取査定以外にも、メールでも簡易査定を実施しております。

選べる3つの買取査定方法